29歳 女性

症状・悩み

統合失調症

使用した薬やサプリメント

ロナセン錠(ブロナンセリン)

体験談

精神科で統合失調症と診断されました。

それまではうつ病と診断されていたので、仕事を続けながら通院をしていましたが、病名が変わってしまい重度だと判断したので仕事を辞めて治療に専念しました。

そのときに処方されたのがロナセンでした。

ロナセンを服薬し始めてから、以前はとてもつらかった他人からの目線や、被害妄想、誰かが自分の悪口を言っているのではないかという疑いの気持ちや、幻聴が徐々になくなっていきました。

それまでは人と接するときにものすごく神経過敏になっていました。

少しの表情の変化や溜め息から、自分が責められているのではないか、と思い込んでいました。

しかし、薬を飲むようになってから、そのようなことが気にならなくなりました。

また、落ち着いて家で読書やネットサーフィンができるようになったのも薬のおかげでした。

それまではそわそわというか焦燥感がつきまとっていて、なにか行動しなくてはいけない気持ちにかられて、意味もなく外出したりうろうろしたりしていました。

薬をロナセンに変えてから3ヵ月ほど経った頃には、外出せずに家でゆっくり過ごせるようになりました。

また、2~3ヵ月での体重の変化もありました。5kgほど体重が増えました。

女として太るのは嫌でしたが、背に腹は代えられません。統合失調症が良くなるのであれば多少太っても問題ない、と思うようになりました。

現在はフルタイムは辞めて、パートタイムでの仕事と、家での家事手伝いをしています。

フルタイムで働けないことがつらいですが、体調はとても良いです。

スポンサーリンク