30歳 女性

症状・悩み

不眠、胃痛、吐き気、生理不順

使用した薬やサプリメント

セントジョーンズワート(DHC)

体験談

親戚からの辛辣な発言によるショックと、今年に入ってから近所の家に越してきた昼夜を問わず喚く子供によるストレスですっかり精神的に参ってしまい、気分が滅入るようになってきました。

親戚も近所の子供も逃れられないストレスのため、知らずと肉体的にも日に日に追いつめられて、ある日生理が止まり、不眠、慢性的な胃痛、吐き気のあまり食事が取れず、ついには寝込むようになってしまいました。

「これではいけない」と心を立て直す努力をしましたがどうしても頑張ることができない。
今までとは違う自分の状態にただ困惑するばかりでした。

心療内科に通うことも考えましたが、歩くのもままならないほど衰弱した体で外出することが難しかったため、まずは自分で心を落ち着かせる方法を模索することにしました。

様々な書籍やネット検索でうつ状態の改善方法を探していたところ、セントジョーンズワートというハーブにたどり着きました。

セントジョーンズワートは欧米では「サンシャイン・サプリメント」と言われ、絶望、恐怖、悲しみなどの感情を和らげて気持ちを前向きにさせてくれるハーブとして知られていると書かれていました。

特定疾患のある人は注意が必要だそうですが、今の私には必要なハーブだと思いました。
ハーブティとして飲む場合は独特の味がするようなので、DHCのサプリメントのセントジョーンズワートを購入しました。

セントジョーンズワートを一日4粒飲み、今抱えているあらゆる問題を何も考えないように映画を観たり、読書をしたり、ネットショッピングをしてみたり、只管に好きなことだけをしていました。

すると、一週間ほど経った頃、一日中外で大騒ぎをしている子供の声が少し気にならなくなってきました。
効果は二週間、三週間経つと顕著になり、一ヶ月経った時、うつ状態になってから初めて外に出てみたい、食事が美味しいと思うようになったのです。

四カ月経った現在もセントジョーンズワートのサプリメントを飲んでいますが、子供の声も気に障らなくなり、母と散歩したり、旅行に出掛けたり、車の運転も出来るまで調子が回復してきました。

人によって効き目は千差万別なのだとは思いますが、私にはセントジョーンズワートが合っていたようです。
DHCのセントジョーンズワートは今の私にとっての心のお守りです。

スポンサーリンク