47歳 女性

症状・悩み

不安

使用した薬やサプリメント

リーゼ(田辺三菱)、デパス(田辺三菱)、ハルシオン(ファイザー)

体験談

私はかつて病院で働いていました。

就職した当初は自分の仕事に誇りを持っていましたし、スキルアップしたいという願望もありましたので、仕事自体にさほどストレスは感じていませんでした。

しかし経験を重ねていくうちに、私が想像していた病院像と現実とのギャップがどんどん広がっていき、そこで働くこと自体に罪悪感を覚えるまでになってしまいました。

さらに同時期に私生活でも結婚に失敗し、離婚について悩むようになりました。

このような背景から私の精神はどんどん病んでいき、日常的に憂鬱で夜もよく眠れなくなっていました。

そこで医師の勧めでリーゼやデパスなどの抗不安薬を服用するようになりましたが、指定の量を服用しても症状はほとんど改善されず、逆に薬を服用しても効果が表れないことにストレスを感じるようになってしまいました。

眠れないことが原因で体にもかなりの疲労が溜まっていましたので、医師にお願いして睡眠薬ハルシオンも処方してもらいましたが、毎晩夜の2時を回っても寝付くことが出来ず、やがて私はいけないとは思いながらも、アルコールと睡眠薬を同時にとるようになっていました。

今思い出すと、当時の精神状態はぼろぼろでした。

酔っても眠れない苛立ちから、気がづくとハルシオンを10錠ほど立て続けに服用していたこともありました。

結果的には、あまり効果を感じられない薬に頼るのを止め、根本的なストレスの原因を取り除くことで、私は徐々に回復していきました。

退職と離婚。

決断するには大変勇気がいりましたが、そうしなければ今の私は存在していなかったかもしれません。

スポンサーリンク